2010年11月16日

「ママのための写真講座」

地元で、「ママのための写真講座」を開催した。多くの人に、「写真の魅力を伝えたい!」とは思っていたけれど、自分が講師になるなんて、考えたこともなかった。20人近い女性の視線は、変な緊張感となり、いつもより声が小さくなってしまった。我が子の写真をプロジェクターに映しながら、上手に撮るコツを熱弁した。ママの悩みには、「動き回るこどもを撮るのは大変」とか「写真に変化がない」などと言う声が多かった。「撮り方や考え方を変えるだけで、写真は今までよりもずっと上手に撮れる!」そんなことを中心に話しをした。講座が終わって後日、今回の企画を考え、講師として招いてくれたママ友が、アンケートの声を伝えてくれた。「早速写真に変化があった」とか、「もっと講座を受けたい!」などの嬉しい声が多くあった。ホッとしたと同時に、今後も講座を続けたいし、チャンスがあれば少人数で撮影会をやってみたいとも思っている。デジタルカメラになった今、撮った写真をパソコンの中でしか見ない人が増えたと思う。写真はプリントして家に飾ったり、毎日がんばるお父さんに、お子さんの写真を持ち歩いてもらたっりと、撮った後の活用が大事。普段の生活とは違う会話が写真から生まれたり、家族のあたたかい時間に、また花を添えてくれるでしょう。